創業65年の信頼と実績のある太平産業です。千里丘での新築・リフォームは地域密着の当社へおまかせください。

コーディネーターの徒然日記

じごく…とは?

2012年1月6日  |   コメントはありません。 »

2012年新しい年が始まりました。今年はどんな年になるでしょうか。

昨年のような大惨事に見舞われなければ、とにかく皆元気でいられたら、もうそれだけで結構…という感じです。

太平産業㈱は、昨日より今年の業務が始まりました。

それを待ちかねていたかのように、朝一番で電話がかかってきました。 吹田市の I様です。

昨年の大晦日にご自宅の裏手の地面がビショビショになっていることに気がついたけれども、年末年始だったので、当社の仕事が始まるのを今日か明日かと待ちわびていてくださったようです…(>_<)

けれども、昨日の時点ではまだ現場の人は動いておらず、申し訳ないですが、明日(今日)までお待ちくださいとお願いして、今朝一番に職人さんと一緒にI様邸にお伺いした次第です。

I様邸は、かれこれ築30年を超えています。当社が昔むかしに分譲した住宅地です。最近、同じような状況を訴えられるお宅が多く、その大半は会所の老朽化によるものだったので、おそらく今回もそうだろうな~と、思いながら伺ったのですが、予想に反して、原因はキッチンの給水管でした。

給水管の継ぎ目あたりに、穴(隙間?)が出来て、そこから水が漏れていたのです。 「わかりました。原因はコレです」と、職人Tさん。そう言った途端に、ワタシの来ていた白いジャケットが茶色の斑点でイッパイになりました\(◎o◎)/! 噴水状態です…(--〆)

修理方法としては、穴(隙間?)の開いていた部分一帯を切り取り、その部分だけ新しいものと取替えます。  元々まっすぐだった管をTさんは、角度をつけながら曲げて接合していきます。

「どうしてまっすぐにしないの?」と私が聞きますと、「(接合部分の長さが必要なので)、まっすぐでは差すことも抜くこともできないでしょ…ジゴクになってしまうから」

ジゴク~(@_@;) 抜き差しできないこと、にっちもさっちもいかないことを、この業界では「じごく」と言うのか~!!

またひとつお勉強させていただきました。齢○歳にして初めて知ることが多いこの世の中。ジャケットを泥だらけにしても、価値があった(?)というものです。

今年も現場で、色々なお勉強をさせて頂きます。本年もよろしくお願いいたします。<(_ _)>

コメントを残す

  • 日記を書いている人

    太平産業株式会社 コーディネーターの中濱がリフォームの話しから千里丘周辺の地域情報まで、いろんな情報を発信していきたいと思います。コメント歓迎です。

  • 最新のコメント

    • 過去の記事

    •  

      2017年12月
      « 3月    
       123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
    ▲ このページのTOPへ