創業65年の信頼と実績のある太平産業です。千里丘での新築・リフォームは地域密着の当社へおまかせください。

コーディネーターの徒然日記

私の仕事のスタンス

2010年5月1日  |   コメントはありません。 »

元々は全然違う分野からこの業界に入って来た私ですが、仕事をする上で必要かと、インテリアコーディネーターを始め、色々と資格を取得してきました。ただ、理数系が苦手な上に、感覚的(センス)に人より秀でているのかどうかと言われると??の私ですので、年数を重ねている割には、大した仕事もしてないような気もします。

けれども、この仕事に携わるようになってわかったことは、自分が結構「しつこい」性格だということ。
色や柄などは個々の好みもありますので、「え~??」と思うようなものをお客様がお選びになっても、生活に支障ありと思う時以外は、そのまま決めていただきますが、空間スペースや動線などに問題がある場合は、何度も何パターンもプランを考えさせて頂きます。色柄などは失敗しても変えようと思えば後で取り返しがつきますが、造作の問題は、一度作ってしまうとなかなか変えることは困難です。

また、お客様の理解が今ひとつ足りていないと思われた場合は、色々な方法でなるべく具体的にイメージしていただける工夫をしています。今までの失敗の反省からも、どんな小さな工事でも、納得して受注していただくことをモットーにしています。
また、ショールームへの同行も、最初にお連れしたメーカーでのお客様の反応がいまいちだったとすると、お客様のイメージに近いものを求めて、何社でもご一緒します。

「あなたとは、ショールームを何件も回ったわねえ、おかげで満足のいくキッチンがついたわ」…とおっしゃるお客様が何人もおられます。
そんな具合ですので、受注までの時間が他の営業マンやコーディネーターさんより長いかもしれません。その代わり、一度お世話させていただいたお客様とは、仕事を超えた深い部分(気持ちのうえで)でのおつきあいを長い間させていただいていると自負しております。
また、仕事上で気をつけていることは、お客様に心を開いていただける状態をつくることです。

私は一緒に考えます。一緒に悩みます。いきなり「これが今風ですよ、これがお薦めですよ」というようなプロらしいアドバイスはしません。最終的にお客様自身が選んで納得されるようにしていただきます。でも、なぜか「中濱さんのアドバイスで決めた」と皆さん言われます。私はただ、そばで見て、アイ(愛)の手を入れているだけなんですけど(^u^)
思うに、人は何でも本当は一人で事を決められるのです。でも、果たしてその判断が正しかったのかどうかといつも反芻する。その時に誰か傍にいてくれた、ちょっと背中を押してくれる誰かがいた…それが安心感に繋がるのだと思います。
そして、私は打ち合わせ時にはなるべく、お客様に笑っていただくようにしています。笑うことで緊張感がとれ、笑うことで心を開いてくださいます。

数年前、コーディネーターとして、営業として私は武器がないのではないかと悩んでいた時に、男性の営業マンが言ってくれました。「中浜さんには、人を愉快にするという大きな武器があるではないですか」そうです。私に仕事を依頼すると、もれなく笑いもついてきます。
きっと私がやりたかったのは、人を笑顔にする仕事。そのステージがたまたま建築だっただけのこと。だから、家造りを通じて、もっともっとたくさんの人を笑顔にしたい。そういう気持ちで毎日働いています。

コメントを残す

  • 日記を書いている人

    太平産業株式会社 コーディネーターの中濱がリフォームの話しから千里丘周辺の地域情報まで、いろんな情報を発信していきたいと思います。コメント歓迎です。

  • 最新のコメント

    • 過去の記事

    •  

      2017年8月
      « 3月    
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031  
    ▲ このページのTOPへ