創業65年の信頼と実績のある太平産業です。千里丘での新築・リフォームは地域密着の当社へおまかせください。

コーディネーターの徒然日記

復興支援住宅エコポイント

2012年2月24日  |   コメントはありません。 »

一旦は終わりを告げた、住宅版エコポイントが「復興支援 住宅版エコポイント」として復活したのは、昨年末。
何が違うかと言いますと、それまでの住宅版…は、家電エコポイントと同じく、発行されたポイントをご自分の好きな商品に交換するか、もしくは、その工事と同時にやる他の工事の代金に充当するかという使い方ができました。
対して、今回の復興支援…は、読んで字のごとく、昨年の東日本大震災で被害を受けた地域を復興するためのものですが、震災とは関係のない、環境問題に取り組む団体などへの支援も含まれています。
今回のエコポイントは、発行されたポイントの“半分以上”を、復興支援のために使っていただくことが条件です。
ですから、仮に70000ポイント発行されたら、商品に交換したり、工事代金に使用できるのは35000ポイント以下となります。
交換できる商品も、以前のエコポイントでしたら、全国各地津々浦々の名産品から、全国共通の商品券やら図書券やらとヨリドリミドリでしたが、今回の商品は東日本の名産品が主な景品です。また、震災復興のために尽力している各種団体への寄付をするという選択もあります。それと、前述しましたが、震災とは別に環境のために頑張っている団体への寄付などもできます。

このエコポイントは、元々家の高断熱化を図って、省エネに少しでも貢献したお宅にご褒美として出されるものですが、だいぶ前から、節水トイレや高断熱浴槽などもポイントの対象となり、しかも結構な数のポイントなのです。
例えば、節水型のトイレですと20000ポイント発行されます。ただ、これが単独ではダメなのです。家の断熱に関係する工事と同時でなければ…。窓ガラスを普通のものから断熱性の高いものに交換するだけでもOKです。たとえ、それが小さな小さな窓ガラスでもOKです。

断熱工事と共にするバリアフリーの工事でもポイントが出ます。例えば、手すり5000ポイント、段差の解消5000ポイント…というふうに。
ですから、トイレの改装をなさる場合は、ぜひ窓ガラスの入れ替えも加えて、エコポイント対象工事になさってください。小さな窓でしたら、ポイントの発行点数だけで、ガラス代が相殺されます。

昨年末にF様邸が、トイレの改装をされた時にも、窓ガラスの交換をお勧めして、このエコポイントを利用していただきました。F様邸では合計34000ポイントになりましたので、この半分を工事の代金の一部と相殺していただきました。

さて、残りの半分はどうされたと思いますか…
ワタシ「どの商品を選ばれますか?何か欲しいものはありませんか?」
F様 「全部寄付にしてください。どうせ、何かしなければと思っていたところです」
…なんと、素晴らしいお気持ち…当然、品物と交換されると思ったいたワタシの心の狭さ…でも、ワタシならきっと5000ポイントくらいは寄付しても、残りは絶対商品と交換するわねえ…せこい!(>_<)

このエコポイントに関しては、復興支援という素晴らしい名目の元とは承知していても、やはり、お施主様にも工務店にも以前に比べたら、「得」な部分が少ないということで、なかなか普及していないようです…。皆が皆、F様みたいな人ばかりではありませんものね…。

コメントを残す

  • 日記を書いている人

    太平産業株式会社 コーディネーターの中濱がリフォームの話しから千里丘周辺の地域情報まで、いろんな情報を発信していきたいと思います。コメント歓迎です。

  • 最新のコメント

    • 過去の記事

    •  

      2017年10月
      « 3月    
       1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031  
    ▲ このページのTOPへ