創業65年の信頼と実績のある太平産業です。千里丘での新築・リフォームは地域密着の当社へおまかせください。

コーディネーターの徒然日記

S邸 室内ドア取替 (大阪市淀川区)

2011年11月28日  |   コメントは受け付けていません。

BEFORE

AFTER


S邸の居間兼和室のドア及び引き戸は、全て室内側が和室のイメージのクロスでした。連棟なため、閉め切ってしまうと、階段側は昼でも真っ暗。西側に面した洗面・トイレ・浴室と家事室からの光もドアを閉めてしまうと全く取り入れることができません。それに加えて、飼い犬が引っ掻いた後を‘ガムテープ’で補修するという…なんとも寂しい有様になっていました。

それでもだましだまし生活していたのですが、長男の部屋の押入戸がボロボロになったのを機会に、「お正月までに扉を一新するぞ!」と、ついに暴挙…もとい、決心いたしました。本当は、トステムの既製品のようなしゃれたドアにしたかったのですが、既製品にすると枠まで交換しなければなりません…ので、オーダーとなりました。とにかく光を取り入れたかったので、和室のドアには全部光取りの窓をつけました。

…色は、数年前にリフォームした隣のダイニングに合わせたのですが、う~ん、なんだかシナべニアみたいになったのと、やっぱり、和室側から見ると、木の扉は少しばかり違和感があるわねえ…慣れるまでが時間かかるかも…と、手厳しい意見は実は私の自宅だからです(*^_^*)

デザインも、ちょっと古臭い(主人曰く「安もんのアパートみたいやな」…ま、そこまでひどくないでしょ!!)かな…、オーダーだからあまり凝ると職人さんに悪いと思ったのです(それと予算!)せめて、‘框’を入れたら、少しは豪華になったのに…。

だけど、狙い通り、昼間でも階段の電気をつけなくても上り下りできるようになったし、誰かが電気を消し忘れていてもすぐに気がつくし…と、この冬の関電さんの節電要請にはしっかり協力できそうです!

  • 日記を書いている人

    太平産業株式会社 コーディネーターの中濱がリフォームの話しから千里丘周辺の地域情報まで、いろんな情報を発信していきたいと思います。コメント歓迎です。

  • 最新のコメント

    • 過去の記事

    •  

      2017年8月
      « 3月    
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031  
    ▲ このページのTOPへ